車を売った事

車を売ろうとしたきっかけは、子供が大学に入学したからです。

大学の学費のために少しでも足しになればと考えました。

それまで、お金に少し余裕があったこともあり外車を乗っていました。

でも、外車は維持費も高く、今後の教育費の負担を考えると維持費の安いコンパクトカーへの乗り換えが無難だとも感じていました。

コンパクトカーを購入するディーラーで外車の下取りをしてもらったのですが、まだ、購入して5年という期間で無事故だというのに思ったほどの下取り額は提示されませんでした。

金額にして50万円ほどです。

車体価格が400万円ほどした車なのにがっかりしてしまいました。

でも、「こんなものなのかもしれない」と諦め気分もあったのですが、以前ネットサーフィンをしているときに「車売るならネット見積もりでの一括査定が一番いい」との記事をみたのを思い出し、買取り専門店の査定に申し込みました。

すると簡単なアンケートに答えた後、査定してもらったのですが、ディーラーの二倍近くの値段が付きました。

こんなにも、査定額が違うことにはびっくりしました。

今回の件で感じたことは、手間がかかるのですが売る側も納得した値段で車を手放すための努力は必要だなと思いました。

「車を売ろう」と思いついたら早目に買取店やディーラーなどいろいろなお店に足を運び査定してもらうことが大切です。