老後に掛かるお金といつかはゆかし

60歳以上が世帯主の一家の平均的な月の支出額は20~25万円。
20万円で食いつないだとしても年間240万円。
60歳で退職して年金が65歳から支給されるとしたら、5年×240万円=1200万円の支出は避けられない。

はたして、この埋め合わせができる仕事やアルバイトが見つかるという保証はないわけで、少なくともこの半分の600万円前後の貯蓄は必須なわけである。

しかも、年金が満額65歳から支給されることを前提にしても、毎月10万円近い赤字となる。

また、年金制度自体が今後どうなるかわからない上に、アベノミクスというプチバブルもいつはじめて元の不況に戻るのか….。

ざっとこんな計算をしていくうちに、何とかしなければならないと焦りを感じ始めた。
現在30歳の自分が60歳までに毎月積み立てをしてもっとも多くの貯蓄を目指せるのはどのサービスか。

先週貰ってきた長期積立型自分年金サービスの「いつかわゆかし」が第一候補、おそらく通常の個人年金積立よりリターンが大きく、若いうちから運用する事でリスクが一番少ないと考えられる。

若いうちに冒険をしようと短期の投資に財産をつぎ込んだ知人が、ここ数年の不況で軒並み損失を出しているのを見ていることもあり、投資するなら長期で運用すると決めていたところだったので実にタイムリーだと思う。