結婚式のビデオ映像

結婚式で新郎新婦のプロフィールを紹介するのは、以前は媒酌人が行っていました。

二人の誕生から今日までの生い立ちをお話してくださるのですが、列席者は祝辞の一部として聞き、耳から受け入れるだけのものだったのです。

しかし、媒酌人を立てない結婚式が主流となってきた頃から、スライドで幼い頃からの思い出の写真とともに紹介されたり、新郎新婦自信で作成したプロフィールビデオや、プロデュース会社やビデオ制作会社といったプロの手に委ねられた「作品」といえるものも登場してきました。

結婚式ビデオのサンプルを公開している制作会社のブログを見るとわかりますが、新郎新婦がドラマの主人公になったようなできばえです。

列席したお客様方は以前のような耳から受け入れるものから、目で見て感じ、家族や友人はシーンごとに共感し、笑いや涙も誘う感動のイベントとして成り立つ程に変化してきたのです。

最近ではプロフィールに限らず、披露パーティーの始まりを告げるオープニングVTR、特定の人に贈るサプライズVTR、そしてお開きで感謝の気持ちを伝えるエンドロールなど音と映像で表現することが非常に多くなり、高い人気を得ています。

結婚式やパーティーで使用されたVTRは、ゲストの満足度を高めただけでなく新郎新婦にとってもより自分たちを知ってもらえたり、おもてなしの心をお届けできたりという、思いを表現する最強のアイテムであり、思い出の一日を詰め込んだ形に残る宝物なのです。