水回りの改修

3年前に水回りのリフォームをしました。

私の実家は築60年の小さな日本家屋で、土間に台所があり、トイレとお風呂は外にあるという、大変不便な家でした。

近所の子供からお化け屋敷と言われていた事もあります。

とにかく寒く、実家にいた頃水回りの仕事は本当に辛く、トイレやお風呂に行くのも億劫でしたが、20年もその生活をしてきたので、慣れていました。

父が兄と共同で家をリフォームすると聞いて、私も新座市のリフォーム会社を探して資料を作ったり、いろいろ手伝いをしました。

水回りの位置を変えずに工事するのは簡単ですが、家の場合は全て位置を変え、外にあった物を家の中におさめるような工事になるので、結構大変でした。

でも工事は思ったより早く、2ヶ月掛かりませんでした。土間を潰し、トイレとお風呂の場所になりました。

今更リフォームするのも何だかもったいないと思ったりもしましたが、いざ生活してみると、トイレやお風呂が家の中で済むなんて、何て快適なんだと感動しました。

他人が聞いたら笑われそうですが、私にとっては本当に嬉しい事でした。大工さんも下見の際に、今までよく我慢したねとしみじみ言っていました。

長年の生活で慣れていたとはいえ、こんな当たり前の事を嬉しく思えるほど、今までが不便だったので、リフォームして良かったと思いました。