心理カウンセリング

自分のメンタルを自分でケアするために、心理カウンセリングのブログなどをよく読みます。

実際にカウンセリングを受けたりというのはしたことがありませんが、私の読んでいるブログは毎日一項目を読むだけでもずいぶんと自分の考え方に変化を感じることができる事が書いています。

先日、対人関係でやたらとイライラしていたときに、いつも読んでいるブログの心理学セミナーのページにこんなことが書いてありました。

「きちんとした性格」に固定された人は、「いい加減な性格」の人に腹が立ちますが、「いい加減な性格」の自分と出会うプロセスを通して、心の自由を取り戻すことができます。そうすると、「いい加減な性格」になる訳ではありませんが、「きちんと」から「いい加減」までのあらゆる程度が自分のものになるので、いろんな状況に対応できます。

私も、「なんてこの人は適当なんだ」とよく腹が立つことがありますが、実際には自分はそこまでキッチリとしているわけでは無い事、別な面で適当な部分があって、そこがしっかりしている人から見れば、私も「適当な性格だな。」と思われているかもしれないなと思いました。

実際のカウンセリングでは、自分の性格の範囲をプロの心理学カウンセラーが広げてくれるようなイメージなので、一方的に「腹が立つ」という上京を減らしてくれるものなのかなと思います。

ようは、他人の行動に対する「器」を自分で小さくしているのを、大きくしてもらう事で許容範囲が広くなるという考え方だと思います。