和の文化

姉の旦那さんが仕事で海外へ駐在することが決まり、引越しの準備の手伝いでで色々と大変でした。

その際に、和装を何か持って行いぅたらとの母の提案で、浴衣、扇子、風呂敷なども用意し、引越し荷物と一緒に送りました。
姉が結婚のときに和装を前撮りしたことがありますが、それ以来和風の和の字も見えなかった姉ですが、なんとなく「ウケるかも」と思ったようです。

滞在していたのはドイツで、日本とも交流深い国です。古い歴史ある街並でとても奇麗ですし、感じもとても良く、夏はからっとした気候でとても過ごしやすいです。

日本フェスティバルなども行われ、その際にはアニメ好きな方も沢山集まりますし、ドイツに住んでいる日本人も多々、そのフェスティバルには参加したそうです。

その際、浴衣を着ていき、外人の友人には「とても素敵よ、写真撮らせて」っとかなり好評だったので、人気もあり姉は和装が大好きになりました。

また扇子や団扇を友人へプレゼントしたら大喜びしてくれ、和装は人気。

繊細な柄なので、ヨーロッパにはないですし、興味を持って下さる方も多く、交流ができたとすごく喜んでいました。

また、雪踏も人気があり、プレゼントように日本から送ったら、かなり喜ばれたそうです。

日本独自の文化を紹介するのも楽しいですし、色んな商品を紹介でき、交流が持て、良い機会になりました。日本以外の国へ行ったことで、和装の良さを実感し、発見できたと思います。