交通事故

交通事故に会って怪我をした場合に、その損害が十分に保障されるには相手との交渉よりも実は任意保険会社との交渉に体力を消耗する事が多いらしい。

交通事故が起きて、しなくてはいけない事というのはあまりにも多い。

運転をしていた当事者はもちろん事故処理や警察救急消防の手配、怪我人の救護、慰謝料や治療費などについてざっと思いつくことはできるが、

例えば、突然事故にあった歩行者がしなくてはいけない事も山のようにあるのだ。

ただ、病院に運ばれて治療を受けているだけでは保険会社は最低限の費用を支払って終わりにしようとするだろう。

自分のけがはどんな種類で、どのくらいの治療費と治療期間が必要で、後遺症はあるのかないのか、あるならどれくらいの期間でどのような後遺症なのか。

一つ一つを具体的に提示して、任天が必要なものは認定してもらう必要がある。

また、通院や入院の雑費用なども一つ一つ記録し、仕事をしていたなら事故によってどのような不便がありどのくらいの損害を被るのかを明らかにする必要があるのだ。

前記したが、これらの事を自身が明確にしないと保険会社の提示する金額というのはあまりにも低い。

当然理解しなくてはいけない制度や、法律、手続きが山のように有り、ショックも冷めやらない被害者やその家族、素人ががすべてをこなす事は不可能だ。

そんな時は迷わず交通事故弁護士に相談する事をお勧めする。

基本的に事故の被害者である場合、相談料や着手金がかからない場合が多い。
弁護士報酬は、獲得額の数パーセントという取り決めなので被害者の負担になることは無い。