二度目の歯医者

左下奥歯の歯ぐきが腫れ上がりました。

その2、3日前に少しぽちっと腫れているかな?気のせいかな?程度はあったものの、あっという間に激痛とともに口を閉じていてもわかるぐらい腫れ上がってしまいました。

歯ぐきの患部は少しブニョっと柔らかく、針でもさせば潰すことができそうな雰囲気です。

さすがに原因もわからずに潰すのはいけないと思い、歯医者へ行くことにしました。

以前、越谷でホワイトニングをしてもらった歯医者さんがあり、その時は虫歯は無かったのでホワイトニングだけに専念してもらったのですが、その後、虫歯治療の腕も良いという事をよく聞いていたので早速予約を入れました。

すると前に別の歯科で治療した歯の根の部分が何かの拍子に化膿していたようでした。

銀部分をはずし、ばい菌を取り出すために再び根の治療が始まりました。

化膿していると痛みというのは細い針を突き刺されているような感じで、本来はこうなる前に治療しなくてはいけないのだと思います。

幸い、麻酔も上手だったのでそれ以上の苦痛はありませんでした。

何度も何度も同じように根の治療を行い、もう大丈夫でしょうとの言葉をいただいたときの嬉しさは忘れられません。

虫歯の処置が終ってからは、もう一度歯のクリーニングをしてもらいましたが、健康で白い歯を維持するというのは健康の面でも気分の面でも重要な事なんだなぁと思いました。