レーシック成功

レーシックの手術に対するイメージは「怖い」というものが多いですよね。
もちろん目に処置をするのですから、多くの人は未経験で想像しただけで恐怖を覚えると思うのです。

でも、レーシック経験者として言わせていただくと、手術中はぼんやりとしていてあまり処置がみえません。
だから、何が行われているかなんて具体的にはわからないんです。麻酔がありますから、痛みもありません。

眼球を押さえるときに少し圧力を感じますが、痛みとはまた別の感覚なのです。
そして、手術後の痛みも心配ですよね。私の場合は、痛み止めの目薬をもらい、痛みを感じたときには我慢せずに使ってくださいね、というふうに説明を受けました。

手術直後に一度看護師さんに点眼していただいて、家に帰ってから入れました。

そのあと数時間たつとまったく痛みはなくなって大丈夫になりましたよ。
痛みどめも目薬はとてもよく聞くので、大丈夫です。痛みというのも、たとえばコンタクトがずれたときの違和感や目にゴミが入った時の違和感に近い感じで、我慢できないものではありませんでした。

しかし、痛みの感じ方には個人差がありますから、私の体験談になります。
私と友人の体験を総合すると、レーシック専門の病院の方が、手術数が多いので先生も手馴れており、患者のメンタルまでケアしてくれると思います。