レストランウェディング

私が出席して素敵だなと感じる結婚式は、趣味の問題もあるのでしょうが、ほとんどが少人数のレストランウェディングです。

大人数の派手な結婚式は見応えはありますが、距離が遠く感じてお祝いしたという感じがいまいち感じられず、新郎新婦ともほとんど会話する事なく終わり、何だかなーと思ってしまいます。

だから、私個人的にはアットホームな結婚式がとても好きです。
新郎新婦ともたっぷりお話できたり写真も撮れたり、余興もカラオケとかワンパターンのものではなく、皆で参加して楽しめるものだったり。
新郎新婦が参列者をもてなしてくれてるいるのがすごく感じられる結婚式は、本当に温かくて好きです。

また、お色直しが少なく、新郎新婦がたくさんテーブルに来てくれる式も出たことがありますが、それも本当に良かったと思います。

ペーパーアイテムなどが手作りだったりするのも温かくて素敵ですよね。
一人一人に手書きのメッセージが添えられている席札には、とても感動したことがあります。

本当好みだとは思いますが、私は温かくてアットホームな結婚式が一番好きです。

でもこの雰囲気って、やはり新郎新婦の人柄があってこそなので、一番作ろうとすると難しいものかもしれないですね。

最後に会場のスクリーンに、出席者の名前が映像に流れて、バックに映画のような新郎新婦の思い出の動画(いわゆる結婚式エンドロール)が壁一面に映し出されたのが印象的でした。

他の演出は手作り感があったので、余計引き立ったような感じです。