マイホームとごみ処理

家を建て、新婚時代から五年暮らしたアパートを引っ越すことになりました。

お互いの荷物を持ち寄り暮らし始め、家具を揃えて、子供が生まれた五年の間に狭いアパートはたくさんの家具や荷物でいっぱいでした。出来るだけ引っ越し代を安く済ますため、また新しい家に使わないものを持ち込まないようにするために、たくさんの荷物を捨てることになりました。

引っ越し当日、箱に詰めたものだけを業者に運んでもらい、部屋に残ったものはすべてゴミとみなして追い追い片付ける予定でした。ところが、引越しが住んだはずの部屋はまだまだ荷物だらけ。3DKのアパートのどこにそんなに荷物があったのかというほど、引越しが済んでもちっとも部屋が片付かなかったのです。

はじめのうちは地道にゴミ袋を持ち歩きアパートをウロウロしていましたが、ゴミ捨て場に何往復しても少しも片付きません。粗大ごみもたくさんあって普通には捨てられません。

新居の片付けをしながらアパートの片付けに毎日追われましたが、暮らしを整える方が忙しく、中々アパートの方まで手が届きません。それなのに退去の日は迫るばかり。

最後の手段としてインターネットで粗大ごみの回収を行う業者を探し、部屋の中丸ごと片付けていただくことになりました。全部で15000円ほどしましたが、分別から粗大ゴミまでトラックに乗せて綺麗に片付けてくれました。物がなくなった部屋も簡単にですが掃除してもらい何とか退去の日に綺麗に引き渡すことができました。

長く住めば住むほど気付かないうちに自分では手に負えない程不要なものが山積みになることを痛感しました。お金はかかりましたが業者に依頼して正解だったと思います。