私が選んだ最良のフロアコーティング

私がキッチンとリビングのフロアコーティングをしたのは、中古の戸建て住宅を購入したタイミングと、年に1回の大掃除のタイミングです。

まず、住宅は築10年が経過していましたが、リビングを含め、フローリングは綺麗な状態でしたので、長く大切に使いたいと思い、購入後の引越し前のタイミングで、専門業者を頼みました。

恐らく前に住んでいた片もフローリングの手入れはしっかりしていたのだと思いますが、これから自分たちが使うにあたって、最初から自身での手入れが行われている状態であることが良いと思い、家具などを入れる前に施工してもらう事にしました。

最近の床は木製のフロアが増えています。

やはりカーペットは掃除が大変なので、あまり人気がありません。

コーティング材にも幾つか種類があります。ガラス、UV、シリコン、ウレタンなど。種類によって耐用年数と価格が異なります。

よく検討して後悔のない材質を選びたいと思っています。お掃除の手間が省けるフローリング。これにコーティングを加えれば、生活はもっと快適に。楽しみです。

私達が選んだ最新のフロアコーティングは、ガラス質の粉末を特殊な技術で床材の表面を覆うように硬化させるもので、キズに強く、高温にも耐えられます。

ワックスをかける必要がないのでメンテナンスに手間がかかりません。

これはポイントが高そう。

キズを防いでくれるし、防水にもなるので床の保護に最適です。

新しいうちは良いのですが、フローリングは木製なので、古くなるとキズや劣化が目だちます。

子供がいれば、まさにヨゴレ放題。飲み物をこぼしたり、泥ヨゴレの足で走り回ったり防ぎようもありません。

しかし、コーティングをしておけば、ワックスをかけずに床を保護できる。こんな嬉しい施工があったとは感謝です。