アフィリエイト3年目

アフィリエイトをはじめてようやく3年目に突入したのですが、はじめは本当にたくさんの勉強料を払いました。

アフィリ自体はマイパソコンをデルで購入したのをきっかけにだったので、まったくのネット初心者がいきなりお金を稼ごうとしたのだから無謀と言えば無謀です。

「1日で1ページ目に上がる方法」とか、「1か月で100万円を誰でも稼げる方法」とか、釣られに釣られまくり、かなりの本や情報資料、アクセスアップサービスを利用しました。
もちろん、本を一冊二冊読んで簡単に稼げるものなら、そこらじゅうお金持ちだらけですよねw

今でこそ月に5万円程度コンスタントに副収入になっていますが、初めの失敗を取り戻したかどうかというと、実はようやく先月トータルで黒字になった感じです。

きっかけは、たまたまアフィリで企業に成功した人と取引先で知り合いになり、私は食らいつくように必勝法を聞き出そうとしました。

しかし、その人の口から出る言葉は地味で、基本的なサイト構築の仕方、お客さんが探している商品を見つけるまでの道筋がどうこうという話ばかり。

私はその時、その人がどれほど重要な事を教えてくれているのか気が付きませんでしたが、たまたまそのすぐ後に私自身がネットで買い物をした経緯を個人的なブログに書いて、最後にその商品のアフィリタグを何気なく張っていたのです。

数週間後、その記事が6割というとんでもないコンバーションを生み、私のネットビジネスの価値観は180度変わりました。

はじめは、アフィリのコンソールに売り上げが並んでいたのを「とうとう私のビジネスサイトが火を噴いた」と思ったのですが、売り上げは先日個人的なブログに張った一つのテキストリンクからでした。

その商品は、私の趣味の収集アイテムで、ちょっと恥ずかしいので伏せますが、私はその商品を探して、どこから買うか比較して、ようやく決めて購入し、「買ってよかった」と満足したことを素直に書いたものでした。

その人が何気なく言っていた「商品を探す道筋」というのを、たまたま自分が買い物をしたことでユーザーと同じ道筋で記事を書いていたために、同じようにその商品を探していた人が殺到したのです。

念のために書いておきますが、そのキーワードはかなりニッチなもので「偶然」であったことは認めます。

もっと売れるキーワードや、人気商品の場合はおそらくそこまで検索エンジンに露出したり、他人に注目されることはなかったでしょう。

しかし、私にある事を気が付かせるには十分な出来事でした。

アフィリで成功するにはこの「偶然」を「必然」に替える事、確信的にこのような状況を作り出す事なのだと気が付きました。

その後、私は一度買って数ページ読んで、「新情報は無いな」と判断して本棚にしまっていた「アフィリエイト報酬アップの絶対法則61(河合大志 著)」という本を思い出し、もう一度読んでみました。

おそらく、私がこの本を購入した時は「これを書けば1万円儲かる」とか、そんな情報が無いので読まなくなっていたのですが、今一つのヒット記事を出してから読んでみると「あれ?これってあの人が言ってた大事な事と同じだ。」と思えました。

おそらくこの著者は、コンバーションを上げる秘密をきちんと書いていたのに、私がもっと刺激的な一攫千金の情報以外は価値が無いと思っていたのです。

その後、今まで本棚に放り込んだネットビジネス本をいくつか読み直して、今ようやく理解できる事が書いてある本をいくつか見つけました。(長くなったのでまたの機会に一冊づつ紹介しますが)

因みに、上記にあげた本の著者の河合大志さんという人を検索してみると、マンツーマン形式の高額塾も運営しているのですが、月額980円のアフィリスクールもやっているようです。

高額の方はちょっと経済的に難しいですが、スクールの方は行ってみたいなと思いました。