はじめての動画編集

最近は誰でも使える高機能の動画編集ソフトでも無料でダウンロードでき、フル機能番でも数千円(movaviなど)というものが存在し、某投稿サイトではゲーム実況を中心によく使われています。

外国人のゲーム実況で、ゲーム画面にゲーマー本人が合成されている動画などがありますが、あれはクロマキーという機能を使ってブルースクリーンの前でプレイしているのだそうです。

そういった動画を多数視聴して私自身も動画編集に興味は持ってそのソフトを入手だけはしたものの、何か面倒そうだし作りたい動画も特にないと言う事で長らくHDDの肥やしにしていました。

が、思わぬ形で動画編集に手を付ける機会がやってきました。

動画編集はひとまず置いておいて、私にはほかの趣味としてイラスト描きというものがあります。

イラストを描いてSNSや共有サイトに投稿し、まあある程度固定ファンもいるんじゃないかな?と言うぐらいのレベルですが、最低限の評価は得られているとは思います。

そして動画サイトに音楽を投稿してる人との交流もちょっとだけあったんですが、なんかオンライン上で話が盛り上がって出来た音楽に私が絵を描いて動画も作る、みたいな話になってしまったのです。

それから、ちょっと触って放り出して以来初めてムービーエディターを開き、ネットも駆使しながら使い方を無理やり覚えつつ苦戦苦闘してやっと3分半の動画が出来上がりました。

止め絵に歌詞を付けたという非常にシンプルなものなのに、まさかこんなに苦労するとは思いませんでした。

それだけに達成感もひとしおでした。